2024年6月13日木曜日

異様に蚊だらけ

韓国留学中のゆりの大学卒業が迫り借りてるアパートを退去するのを

来週から渡韓して手伝うのだが、次女に無事再会出来るのか

毎日気が気じゃ無くて、それにしても今年は虫が多い。


黒い小さなゴマみたいな虫が大量発生し毎日

天井の照明に止まっているのを踏み台に登って

せっせとガムテープに貼り付け駆除し

その作業が何日もに渡ってて辟易してたら今度は蚊。

勿論戸の開け閉めでも入るのだが昨日も何匹も

壁に貼りついているのをせっせと潰し(跡が残って汚い)

近くに住んでる長女に夕飯を食べさせ、車で送って行って

借りているアパートに立ち寄ったら

「窓を開けると網戸閉めてても入って来るっぽい」と

彼女でさえそんな体感な程蚊が多くて。

(高層マンション族は気付かないだろうが)


最近知った事だが最貧国と呼ばれるバングラディッシュの蚊は

現地の蚊取線香、日本から持ち込んだ全種類の蚊取り類も

全部効かないらしい位強力らしくて

先日はEUで外来種の蚊等と言って、わざわざニュースになっていたが

ビルゲイツが昨今遺伝子操作に熱心なのも蚊。


自分は10年以上前より子供が小さい頃から空を見て

「ほら今日はケムトレイルが大量よ」等と言ってたんで

我が子達はとっくに飛行機雲じゃない存在に気付いていたが

昔から金属撒いているとか、その中身には色々噂があった。

私は日本のマイクロカプセル技術は世界トップクラスで

柔軟剤の香りにも入れて実証実験していた為

「は~ん別にカプセルに閉じ込めれば生物でもありよね」と

それが在来種に悪影響な草の種でも外来種の昆虫の卵でも

特定の植物を蔓延らせる種でも

長い間少しずつ定着させれば気付かれる事もなく

自然現象の一環として片付けられる。


「誰が何の為」と日本が日本人の為に存在してないと

認識したらおぼろげに犯人が見えて来るんですが

国力を付けるには先ず人口を増やす(GDPを上げる)事。

その反対は人口を減らす事で、戦後日本は寿命を延ばす事を

医療の発達、食生活の豊かさで達成し続けて来たけれど

そのボーナスタイムもそろそろ終了。


国が侵略されている危機なのに、政府の手下のテレビが

平和ボケ洗脳及び捏造したニュースを垂れ流しているので

此処は最近活躍のyoutube陰謀論者達に頑張って拡散して貰うか等と

実は彼等も時々戦犯ずらしをやるし

そりゃ犯人達の土壌でやれる事になんて限界があるので

今は自由な発信もボーナスタイムだけれど

取り敢えず若者は無駄死にしない様にね。


理解している大人は着実に増えているから

最後は共に戦うしか無いです。いつの時代でも。


2024年6月10日月曜日

win11で整った!

 win10で散々頑張って叶わなかった

イラスト(タブレットとソフト)音楽(入力系とソフト)

もう無理とPCごと放り出しっぱなしだったんだけど

何を血迷ったのかお試しと、win11に更新し

留学中の次女が韓国から帰国寸前のタイミングで

追い込まれた気分で色々設定し直したら

何か全て上手く行ったと言うかディスプレイからして

色味や輝度もかなり好みに近付けたのは不思議なもので

こりゃ単に私側の問題じゃなくて

迷走続けて来たwindowsがやっと

名機XPクラスの安定さに近付けた証拠なんでは無いかと。


もう直ぐOSはサブスク有料化され

ちゃんとやらないとユーザー減る一方だし

若者もスマホゲーム中心から一歩進んで

表現する側で活動なんてどう?と問いたいけれど

日本の誇るボカロ曲発表でも重要な

ニコニコ動画がサイバー攻撃に合ってて今も復旧出来て無い筈。


多分youtubeでバンされ避難して来た、反グローバリズムや

コロナワクチン反対派に対する嫌がらせに巻き込まれてるんだろうが

言論の自由は無くなる一方でも自分は最後の逆転狙って

日に日に衰える身体と戦いつつ、表現する事を諦めないで生きたいと思いまする。


2024年6月7日金曜日

まだこれじゃ

まだこれじゃ

個性が無いよと

墨入れる


昨日何十年振りに二人で会った

高校の同級生と話していて気付いた。

Z世代のAI社会への受け入れがエグいと。んで

昨今の流行りのボディーピアスやタトゥーの話題になるんだが

単なる一時の気の迷いにしちゃ影響が大き過ぎると言うか

自分の身体は自分のもの。だから何しても良いと言うのは

親から貰った、神から授かった大事な身体(免疫)に対する冒涜。


身体に穴を開ければ其処から感染症の危険は増し

タトゥーも流行れば流行る程インク屋も儲かるが

もし後々体調を崩してもワクチン同様

それが原因だと立証するのも難しく、除去して表の傷が消えても

「やった」」と言う事実は消えない。


自分がHP移転した際息子に

「元のデータもページも消えて淋しいような虚しいような」と

ぼやいたら「無かった事にはならない」と返事が返って来て

それってどういう意味だろうかと考えていたら

正にデジタルタトゥーなんである。


世間では文章を読んだり、誰かの言葉

好きな音楽を聴いたりその小さくない影響が

社会の規範、スタンダードになって行くけれど

体中ボディーピアスや眼球迄タトゥー入れる人

整形も、エスカレートして行く根底に流れるものは、

昔で言う目立ちたがり屋を遥かに超え

自分がこの世界に存在する意味付け。

選民意識達が好む「スペシャル」と言う言葉と

闇深く結びついているんだろうなと

生まれただけで特異な人間であると言う自信は

競争社会、グローバル格差社会においては

財産の多寡のみでも一瞬にして蹴散らされてしまうもの。


少なくともタトゥー入れないのを献血のせいにしてる

ロナウドは判ってて敢えて、記者の質問に毎度応えているし

その裏のメッセージを受け取れるかどうかは

私達受け手のリテラシーにいつも委ねられている。


神田沙也加 「アナと雪の女王」生歌「生まれてはじめて」を熱唱!



2024年6月5日水曜日

川柳死滅

さっき珈琲入れていた時思い付いた川柳でしたが

カタカナでロッカーって書くと

英語に翻訳するとミュージシャンの方じゃ無くて

学校や保育園にある収納の方になってしまう。

で、慌てて其処だけ英語表記にしたものの

タイトルのヤンキーって日本人にしたら

不良っぽい人達の意味ですが

英語だと「白人の~」になってしまって

そもそも川柳自体が人や社会を風刺するもの。


立場の弱い平の庶民がインテリジェンスを若干交え

愚痴をこぼし共感を得たりストレス発散させるもので

元から人間賛歌する性質じゃないんだから

多めに見ろと言うか誰も傷付かない社会等

元からある訳が無い。


現代人は余りにも神経質になりかえって

自分の居場所をどんどん狭くして行っているだけで

これが悪魔の所業、グローバリストの本質なんだよね。実は。

言葉狩り、古来からの慣習や文化を非常識化し破壊。


実はグローバルスタンダードが一番クソなんだわって

AI警察は手強すぎるよ?

心が無いから折れて弱ったりもしないし

今の所倒す方法も無い。

さあ人類どうする。


ヤンキーは

ヤンキーは

声がでかくて

常識ない


ヤンキーたるもの声が小さくては目立てないし

口論は声が大きい方が勝つと本能で知っている。

つまり威嚇してるんだね。日常から。

何をそんなに恐れているのかそれは

勉強して来なくて頭脳戦では勝てないと悟っているから。

私?非常に似て見えますがヤンキーでは無くて

Rockerです。Rocker(他人から見れば似たようなもの<笑)



2024年5月31日金曜日

幻世

明日起きたらすべてが変わって

すべてが夢の出来事だったらいいのに

明日起きたらすべてが終わって

すべてでっちあげの作り話だったらいいのに


どこかで誰かが待っているなんて嘘だ

どこかで何かが変わるなんて嘘だ


それが現実

それが真実


誰かが目を剥いて殺されてかかっている今さえ

僕はTVを見て笑っている


何を歌おう 愛か?

何を歌おう 夢か?


愛も夢も持たない僕に

歌わせるのか 語らせるのか


どんなに疲れても

このゲームは終わらない


リセット押すのは君か 僕か

それとも別の誰かに押させるのか


点滴は僕を生へと繋ぐ

一滴一滴が僕を満たす


ベットの上で見上げる液体が

命綱だったとしても

この細い管に何が分かる


僕の痛みは分からない

僕の血管は生きているのだと

太い針をさされて瀕死の手の甲は

紫の色を浮かべ必死に抵抗を表す


ああ生きたい 生きたいと

幻世に浮かんだ月の雫を

飲み干したらもう少しだけ

僕は「やれる」と思うのだけど


遠過ぎて今は何も見えない

近過ぎて今は誰も見えない


拒絶しているのではない

絶望しているのではない


いつでも受け入れる覚悟で

僕は立ちはだかっているのだ


空を見上げながら


流 行

新しい友達はいらないの

すぐに汚れてしまうから

白いシャツは洗濯をしても

どこかくすんでしまうから


新しい友達はいらないの

すぐに壊れてしまうから

追い掛けているうちに追い抜いて

見えなくなってしまうから


新しい友達はいらないの

すぐに乾いてしまうから

私の中を見透かして

そして醒めてしまうから


携帯 パソコン ギター ドライヤー

どれも無くても生きられる

けれどとても大切だから

いつまでも永らえて欲しい


新しいものなんて

とうに無くても 生きられるのに